病院

恐ろしい大腸がんは適切治療で治そう|病院利用で目指せ寛解

女性特有の病気

看護師

今現在の食生活が変わっているため、それにより引き起こされて病気には乳がんがあります。まず、乳がんは乳房に出来るものであり、その食生活で高カロリーを摂取しすぎることが乳がんになる要素とされています。

詳しくはコチラ

内視鏡で手術も可能

医者

外科的に切除で

大腸がんは現在のところ化学療法や放射線療法単独では完治が期待ができず、早期のがんに対する内視鏡の治療を除いては外科的に切除する方法がとられています。内視鏡に患部を切除する器具を取り付けて、外科的な切除を行う腹腔鏡下切除も行われています。切除が困難な肛門や直腸のがんに対しては、凍結療法や放射線の照射も行われています。大腸がんのがん細胞は進行も局所的にとどまって大きくなることが多く、かなり大きくなっても周囲を十分に大きく切除すればがんがとり切れて、完治する確率が高くなっています。ですが外科的には限界がありますので周囲に深く広がっていたり、リンパ節に広がっているときには補助的な療法として化学療法や放射線療法を付け加えていきます。

がん細胞の取りこぼし

大腸がんの手術でがんの組織が完全にとれたかどうかは、手術の後の治療に大きな影響を及ぼしてきます。細胞が残っていれば時間がたっていくに従い大きく育って再発してしまいます。細胞がとれたか取れなかったかは、手術中のあくまでも肉眼的な判断です。顕微鏡をのぞいてみれば取り残しがあったり、あるいは血管内に入っているがんもあるかもしれません。あくまで外科的な手術を行ったからと言って全部が全部完治するとは限りません。大腸がんのがん細胞が大きくなりすぎて切除できないことも出てきます。そういう時には、がんによって出てくる症状を改善する治療を行っていきます。人工肛門を作ったり、腸閉そくを起していれば上下にバイパスを作る手術を行って治療をしていきます。

定期的な検診

Hospital

タバコが原因で、肺がんになる可能性が高いです。40歳ごろから高齢になればなるほど、発症する確率が高くなっていきます。そして、いろいろな方が利用しているのが検診です。レントゲンを撮ることで、肺がんになっているか確かめる事ができます。

詳しくはコチラ

初期症状で血便が出るがん

植物

直腸がんの初期症状は血便ですが、痔の病気を持っている人は間違いやすいので注意が必要です。検査方法としては検便が一般的ですが、最近では内視鏡検査が進化しており痛みもなく検査が終わります。治療法としては小さい場合は内視鏡で切除できますが、大きな場合は肛門部を含めて切除し、人工肛門を作ることになります。

詳しくはコチラ